葉月朔日 月次祭/生命の言葉




本日午前7時より葉月朔日(はづきついたち)の月次祭(つきなみさい)を斎行し、皇室の弥栄と国の平安、氏子崇敬者の繁栄をお祈りいたしました。

今月の生命の言葉(いのちのことば) 

「世に生を得るは 事を為すあり」 坂本龍馬

人がこの世に生まれてくるのは、何かを成し遂げるためである。どんなことでも目標をもって生きることが人生を意義あるものにしてくれる。

9273_large

~参考~

坂本龍馬(さかもとりょうま)

1835~1867年。江戸時代末期の志士。土佐藩郷士。薩長連合を仲介し、土佐藩主だった山内容堂を動かして大政奉還を画策、新しい日本を作ろうと奔走した。京都近江屋で志半ばにして暗殺される。

9274_large

処暑の候ご参拝の皆さまの願い事はきっと神さまに届きます

タグ一覧: >