手水の作法(お清めの仕方)




神社にお参りする際はまず、「手水舎(てみずや)」で手と口をすすぎます。昔から清らかな水は穢(けがれ)を流すとされ、手水は禊(みそぎ)を略式化したものともいえます。

9434_large 9435_large

  1. はじめに左手を清めます。
  2. 次に右手を清めます。
  3. 左手に水を受け、口をすすぎます。
  4. 再び左手を清めます。
  5. 柄杓(ひしゃく)を縦に持ち、残った水で柄(え)を洗い流します。

2411 2412

タグ一覧: