お正月の御神札について




居木神社では、師走に入り、お正月用の御神札や御守、縁起物などの奉製作業を行っております。

さて、年の暮れには大掃除をして、新しい年を迎える準備をしますが、同様に神棚も綺麗にして新しい御神札をおまつりします。

居木神社では、毎年12月上旬から中旬にかけて氏子の方々へ“お正月の御神札”を頒布しております。
どうぞ年内にお受けになり、清新なお心で新春をお迎えください。
古い御神札は、一年間お守り頂いたことに感謝申し上げてから神社へお納めください。

お正月の御神札袋(画像データ) 平24.12.3

今週月曜日(12月9日)より居木神社氏子区域を回って御神札頒布(おふだ配り)を行っております。
神棚にお祀りします「神宮大麻(じんぐうたいま)=天照皇大神宮<お伊勢さんの御神札>」「居木神社の御神札」「竈神札」をお頒ちします。
併せて“年越し大祓神事(おおはらえしんじ)”<12月31日午後8時斎行>の形代(かたしろ)をお届けしております。

神宮大麻他 (1)

 ─ お正月の御神札 ─
天照皇大神宮(伊勢神宮の御神札)、居木神社神符(居木神社の御神札)、竈神札(かまどの神様の御神札)

詳しくは社務所までお問い合わせください。