今月の生命の言葉(いのちのことば)




「あたらしくつくりし伊勢の宮柱 うごかぬ国をなほ守るらし」 
                        明治天皇

明治22年に行われた第56回神宮式年遷宮に関して詠まれた御製。
御遷宮は維新直後の明治2年にも行われたが、実質的にはこの回が近代日本最初の御遷宮である。
激動の時代を生き抜くための基盤を、一層堅固なものとするための御意見と御覚悟を、拝察することができる。

生命の言葉 平26.01

~参考~

明治天皇(めいじてんのう)

1852~1912年、第122代天皇。近代日本の指導者として御自身の生活に西洋文化をとり入れ、国民に新しい日本の姿を示された。文明開化の先達となる一方で皇后(昭憲皇太后)と共に九万三千余首の御製・御歌をお詠みになられた。

寒牡丹が見ごろのこの季節 ご参拝の皆さまに「幸多かれ」と祈ります