立春大吉




今日は暦の上では「立春」です。
「春の気が立つ」ところから名づけたものです。
春とは「太陽暦での2・3・4月の季」であり、立春とは「2月4日」を大体基準として訪れる節気であります。つまり“節分の翌日”です。
旧暦では、この日が正月(旧正月)です。
旧正月元旦(太陰暦の正月元旦)が立春の日に当たることがあります。この日を「朔日立春」と言い、大吉日とされます。
それ故に、立春のことを「神の正月」と呼びます。
いずれにしても旧正月元旦が2月中に来るわけで、この月から春となり、“孟春の月(はじめのはるのつき)”とも言い、3月を“仲春(さかりのはる)”と呼び、4月を“季春(おわりのはる)”と呼びます。

平22.2.4 立春大吉の提灯 (3)