葉月朔日 月次祭/生命の言葉




本日午前7時より葉月朔日(はづきついたち)の月次祭(つきなみさい)を斎行し、皇室の弥栄と国の平安、氏子崇敬者の繁栄をお祈りいたしました。

今月の生命の言葉(いのちのことば) 

「人生の最大の幸福は一家の和楽である」 
                          野口英世

人生で最も大きな幸福は家族が和やかに楽しく暮らすことである。

生命の言葉 平26.8

~参考~

野口英世(のぐち ひでよ)

1876~1928年。明治期の細菌学者。福島県出身。医学の道を志し、済生学舎(現日本医科大学)終了後、ペンシルバニア大学医学部を経てロックフェラー医学研究所に勤務。特に黄熱病の解明に力を注ぐが、自らも感染してしまいアフリカのガーナにて五十一歳で逝去。現在では千円札の肖像としても親しまれる。

IMG_6101

写真は朝6時半頃の境内です。今日も暑い一日になりそうです。皆様、お身体ご自愛ください。

真夏に百日紅(さるすべり)の赤い花咲くこの季節 ご参拝の皆さまに「幸多かれ」と祈ります