皐月朔日 月次祭/生命の言葉




本日早朝、皐月朔日(さつきついたち)の月次祭(つきなみさい)を斎行し、皇室の弥栄と国の平安、氏子崇敬者の繁栄をお祈りいたしました。

 

今月の生命の言葉(いのちのことば)

「少年老い易く学成り難し 一寸の光陰軽んずべからず」    朱熹

若いうちは勉強する時間はたくさんあると考えるが、時間というものはすぐに過ぎ去ってしまうので、少しの時間でも無駄にしてはならないという意味。

 

生命の言葉 平28.5

 

 

~参考~

朱熹 (しゅき)

中国宋代の儒学者。朱子学の創始者。明治時代の漢文教科書に掲載されて以降、作者は朱熹(朱子)であるとされてきたが、朱熹の詩文集には見られず、近年は室町時代の臨済宗の僧、観中中諦(かんちゅうちゅうたい)の作であるという見方が強まっている。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

IMG_2769

 

 

 

 

風薫る五月となりました。ご参拝の皆さまに「幸多かれ」と祈ります