芳水小学校6年生音楽授業「雅楽教室」開催




625日(火)、居木神社に隣接する芳水小学校6年生の音楽授業で「雅楽教室」を開き、雅楽演奏と雅楽器体験を行いました。
平成17年度より毎年行っているこの授業は今年度で15回目。日頃、居木神社宮司が一緒に活動している雅楽仲間18名にて小学校を訪れ、雅楽を通して子供達と触れ合いました。
色とりどりの狩衣に身を包んで奉仕したため、平安絵巻を見ているかのような光景でしばし児童を悠久の世界にいざないました。
授業内容は、雅楽の歴史と皇室・神社との関係について説明したのち、「平調音取(ひょうじょうのねとり)」「越殿楽(えてんらく)」「陪臚(ばいろ)」の演奏、「君が代」「越殿楽今様(えてんらくいまよう)」は子供達と一緒に歌をうたいました。そして神楽舞「豊栄の舞(とよさかのまい)」は巫女舞を入れて演奏しました。
また、各楽器の紹介をしてそれぞれの特長を見ていただいたり、児童に楽器を持ったり吹いたりして実際に体験してもらいました。
必死になって音を出そうとする児童の真剣な表情や真剣な眼差し、興味津々な顔つきが印象的でした。
児童からは「日本の伝統文化に触れることが出来て良かった」「各楽器に触れることが出来ただけでなく実際に音を出せて良かった」「大変貴重な体験をした」「実際に試してみて音を出すのが難しかった」などの声が聞かれ、奉仕させていただいた私たちにとっても有意義な時間を過ごすことができました。